宜しければ応援クリックお願いします banner_02.gif

2007年10月30日

赤福崩壊は鉄ヲタの呪い

まいど。
最近食品偽装問題が多すぎて食傷ぎみ、

でも(今のところ)

健康被害を訴えた人は

いないんですよね。


まぁそれはさておき、問題は我が愛する赤福が、夏の風物詩・赤福氷が復活できるかどうか?です。

創業者一族が退陣すれば、元旦までにはなんとか復活できるのでは、というか復活して欲しい(願望)

でも復活してもエノキアン協会公式HP:英語)からは脱会でしょうね、残念でなりません。

エノキアン協会とは1981年にフランス・パリで設立された経済団体で、

1.創業200年以上
2.創業者が明確で、今もその家系が経営している
3.財務的に健全な企業


などの条件を満たす必要があり、現在38社が加盟。うち34社が欧州企業(歴史の浅いアメリカ企業は加盟できないのでw「欧州」企業)残り4社が日本企業(岡谷鋼機月桂冠法師・赤福)
赤福も入ってるんです。

世界に恥をさらしてます

まぁまぁ、何処の会社でも程度の差こそあれ偽装はありますけどね(「うちは全く無い!」と断言できるとこがどれだけあるのか?)発覚しないようにするのも経営者の仕事かと…
今回の赤福崩壊、原因は

社内の鉄道おたくの

怒りをかったことw


間違いないです。原因となった発言はコレ↓

「参宮線廃止、駐車場に」赤福会長、式年遷宮控え提案

 JR参宮線を廃止して1000台規模の駐車場を整備――。13年の伊勢神宮(三重県伊勢市)式年遷宮を前に、和菓子製造販売会社「赤福」会長の浜田益嗣(ますたね)・伊勢商工会議所会頭(70)が、予想される交通渋滞の緩和策として、こんな提案をしている。実現可能性は低いとみられるが、地元市議がJR東海の松本正之社長に「存続」を訴えるなど波紋が広がっている。

 伊勢神宮では正月などに観光客が押し寄せ、伊勢自動車道伊勢西インター周辺が渋滞する。前回の式年遷宮があった93年には通常より100万人以上多い約550万人の観光客が内宮を訪れた。

 そのため、浜田氏は森下隆生・伊勢市長や地元選出国会議員らとの2月の会合、同商議所の常議員懇談会に提出した文書などで、参宮線(多気―鳥羽、約29キロ)を廃止し、同線伊勢市駅で列車の検査や清掃などをしている車両施設の用地に1000台分の駐車場整備を提案。観光客受け入れには「参宮線が大きな阻害要因」と指摘している。
 伊勢市駅には近鉄線も乗り入れるが、JRは名古屋からの直通快速列車が1日10本程度で、駅の利用者は年間約30万人。浜田氏は朝日新聞の取材に「どんな提案にも異論はつきもの。選挙での集票に関係ない私だからこそ思い切ったことが言える」としている。

 ただ、森下市長は「1年間交通量調査をする。結果を待ってほしい」と困惑気味。17日には講演会で訪れた地元出身の松本社長に市議が存続を訴えたが、松本社長は「廃止の要望は聞いていない」と述べた。
(『朝日新聞』2007年05月26日から引用)

え〜ボクは赤福好きですが、それ以上に鉄分の多い人間ですので一言。

浜田益嗣!ざまーみろ!

以下自主規制

●参考●
『江戸時代から伝統を継承する老舗』(HPブログ


宜しければ応援クリックお願いします

banner_02.gif
posted by ぶろぐ亭炎上 at 07:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

忘れないこと

まいど。今日とある鉄道会社のニュースリリースを見て、ボクが心酔していた予備校講師の事を思い出しました。

「日本人は物忘れが良すぎる、それがイカン!」
「俺は「殺してやるリスト」をつけて絶対に怒りを
忘れないようにしている」


言動の一部を取り出しただけだと薄っぺらいですが、日本人の忘れっぽさ、一時的な熱狂、同調圧力、等を批判しつつ、自分を冷静に置くスタイルなど深く影響を受けました。

ちなみに“予備校講師”と書いたのは、ひょっとするとその先生が言った言葉ではないかもしれないから。(ボクにしては珍しく)抜群の集中力で聞いていた講義がいくつかあるので、何人かの先生の言葉が合成されているかも…

候補の一人は河合塾講師のこの方

あと世間(ボクも含まれるけど)の一時的熱狂について鈴木宗男代議士はこう言う。

「守屋前防衛事務次官の証人喚問を29日行うことが、衆院テロ対策特別委員会で議決された。新テロ特別対策措置法とは全く別の次元だと考えるが、あわせ技で委員会での質疑に持ち込むあたり、正しい委員会運営かどうか一考を要するのではないか。
証人喚問の重さ、拘束性から言って、その前に防衛省として守屋前次官から聴取し、国民に説明責任を果たすのが筋ではないか。ボクシングの亀田選手にしろ、相撲の朝青龍にしろ、ある日ある時、突然手のひらを返すようなやり方が本当に正しい手法かどうか、お互い冷静に考えていきたい。
 私自身証人喚問を受けた者として、しみじみ思うことがある。一方的な流れをつくられるとどうにもならない。5年前、北方四島支援に関して、「ムネオハウス」やディーゼル発電、ケニアのソンドゥミリウダムに関し、辻元議員から「疑惑の総合デパート、いや、総合商社」と面白おかしく言われ、世論のバッシングに遭い、その後あたかも「これで鈴木宗男は逮捕される」と、連日書き立てられた。
 当時、野党の皆さんが私を告発したが、事件にはならなかった。私は今裁判をしているが、ムネオハウスはじめ証人喚問で取り上げられた件で裁判をしているものはない。このギャップを考える時、その時の雰囲気の怖さ、恐ろしさを知る者として、落ち着いた静かな中でのやり取りが大事だと思うものだ」
ムネオ日記』(2007年10月25日より引用)

本題に戻りますが、ある会社のニュースリリースはコチラ↓
名鉄岐阜駅 新商業ビルの愛称募集について


gifu_bld.jpg

このニュースリリースは8月にも出てます。

でも今回と8月のモノでは微妙な違いがあります。

 名古屋鉄道は、かねて名鉄岐阜駅西側の新岐阜百貨店跡地(岐阜県岐阜市神田町9丁目1番地)における商業施設の建設計画について検討してまいりましたが、このほどまとまり、平成20年2月から建設工事に着手し、同年12月を目途にオープンする予定です。
 新岐阜百貨店跡地の利用計画については、将来の鉄道高架事業完了および土地区画整理事業の成熟を待って、本格的な開発計画を展開するまでの約15年間程度の暫定的な施設整備と捉え、計画の策定に際しては、鉄道とバスやタクシーへの乗換えがスムーズに行える機能配置を重視し、鉄道やバスをご利用いただくお客様や地域にお住まいの皆さまにご愛顧いただける買い回り性を高めた商業施設を目指しました。

 今回新たに建設する建物は、鉄骨造地上2階建てで、建築面積は約3,300m2。1階及び2階は店舗スペース(店舗面積:1階 約1,700m2、2階 約1,600m2)、屋上階は70台収容の駐車場です。施設全体のコンセプトとして「彩・食・健・美」を掲げており、「食」をメインに、健康・美しさ・彩りあるライフスタイルを提案するテナントを誘致します。1階には、このコンセプトに基づき、(株)パレ(本社:名古屋市熱田区神宮3、代表取締役社長:田村弘一)が運営する食品スーパー「パレマルシェ」の出店が内定しており、2階には飲食・物販など13店舗を今後、誘致します。

 また、同施設に隣接する岐阜バスターミナルもあわせて改修される予定で、7月14日に供用を開始した名鉄岐阜駅新駅舎も含め、完成後は一帯の機能性や利便性が高まります。

 なお、同施設が岐阜駅周辺の活性化と賑わい創出に貢献し、地域に愛される施設となるために、愛称を公募します。

これは8月31日付のモノ。

名鉄岐阜駅西側に建設予定の新商業ビルの愛称を募集します。
 「彩・食・健・美」をコンセプトに「食」を中心として、健康・美しさ・彩あるライフスタイルの提案と岐阜駅周辺の活性化と賑わいの創出に貢献し、地域に愛される施設を目指します。
 新しいビルのイメージにふさわしい、素敵な愛称をお待ちしています。

(中略)

【選考基準】
 以下の選考基準を基に愛称を決定します。

(1)「彩・食・健・美」〜「食」を中心機能とした健康・美しさ・彩あるライフスタイルを提供する〜という商業施設コンセプトに適合すること
(2)名鉄のイメージアップにつながること
(3)地域に愛され、長く親しまれる愛称であること
(4)自作未発表であること
(5)他の愛称とまぎらわしくないこと

これが10月26日付のもの。

違うのは当たり前だろ!と言われればそれまでですが、注目したい点が一つ。

8月31日付には
「将来の鉄道高架事業完了および土地区画整理事業の成熟を待って、本格的な開発計画を展開するまでの

約15年間程度の暫定的な

施設整備
と捉え」とありますが、

10月26日付には
「地域に愛され、長く親しまれる愛称であること」とあります。

ここ最近状況が変わり“15年程度の暫定的な使用”という文言が使えなくなったのでは、と推察しますが如何でしょう?

うがったものの見方をしすぎなんでしょうか?

十数年後本当に暫定使用かチェックする為、ブログに残してみた。ドケチ名古屋商人・名古屋鉄道が暫定使用するとは思えませんがね…
posted by ぶろぐ亭炎上 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

昔の記憶

まいど。ホントに久しぶりの更新です。というのも最近2回連続で投稿前に記事を消してしまい、安倍元首相のように心が折れてたから。

今日は慎重にやってますw

さてさて先日「鉄分補給の旅」に行って来ました。鉄分補給と言っても、ほうれん草を食べるわけではなく、ましてや鉄骨飲料を飲むことでもありません。

鉄道成分補給の旅

たまには鉄道に乗らないと鉄分が不足するんです。ま、今回は鉄分補給がメインではないですけど…

今回は
1.デビューしたてののN700系のぞみに乗る
2.馬喰町駅で途中下車
3.寝台急行銀河に乗る
以上の3点が目的、最後想定外ですが「開港の道」(昭和61年に廃線となった山下埠頭臨海鉄道線の路線跡)も歩きました。

さて馬喰町(海抜マイナス27.14メートル)なんですが、鉄ちゃんには言わずと知れた東京都中央区にある総武線の駅。国鉄時代「日本で一番低い駅」と言われてました。今まで通り過ぎるだけで下車したことがなかったので、降りてみました。

070923_0927~0001.jpg
画像は改札口前にある、日本一(標高の)高い野辺山駅との姉妹駅を記念するモニュメント。

何年か前に今最もJRで低い駅は京葉線東京駅(海抜マイナス29.19メートル)だと知りました。

そこまではいいんですが、ボクの中で地下鉄駅で最も深い駅は東京地下鉄(旧帝都高速度交通営団)の千代田線・国会議事堂前駅(海抜マイナス37.9メートル)だと思っていたのですが…

今は東京都交通局の大江戸線・六本木駅内回りホーム(海抜マイナス42.3メートル)だそうで。

大江戸線が開業した時にニュースになってたかも知れませんが覚えがないです。最近鉄分が薄かったからかな。

まぁ昔の記憶だけに頼ってはあかんなぁ、と思った次第。

宜しければ応援クリックお願いします

banner_02.gif
posted by ぶろぐ亭炎上 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。