宜しければ応援クリックお願いします banner_02.gif

2007年12月27日

全国選抜名古屋大花火(矢田川花火)

まいど。
年の瀬ですな、ボクは30日まで仕事です。悠長にブログを更新している場合ではないのですが、ネタの消費期限が切れそうなのでとりあえず書く。

タイトルの「全国選抜名古屋大花火」、東海ラジオ主催で1964年から2004年まで、名古屋市北区の矢田川河畔で毎年8月第1土曜日に行われていた花火大会。打ち上げ数は約1万発、来場者数は毎年約50万人。

2005年に「愛知万博開催の為、花火警備に人員が充てられない」との理由で休止となり、結局そのまま消滅。

18歳まで北区民・城北学区(大会本部のある学区)在住者として、花火大会好きとして、この上なく寂しいことです…
子供の頃はワクワクしたもんです。なにせ地元民以外の沢山の人(40〜50万人)が押しかける光景って、普通は見るとないですしね。また地元の餓鬼ならではの矢田川花火都市伝説もありましたし。

小学生は
「花火後の夜中に堤防へ行くと財布(お金)が落ちている」
中学生になると
「花火後の夜中に堤防へ行くと使用済みコンドームが落ちている」

懐かしいなぁ…

そんな矢田川花火が今年のクリスマスイブにプチ復活!
池下観測所』さまで画像をご覧下さい。

主催者のHP
新しい矢田川花火をみんなで実現させる会

在りし日の矢田川花火の様子
中部の花火情報館』さま

しかしまぁなんですな。主催者の方々に「お疲れ様でした!」とは言えても、復活おめでとう!とは素直に言えません。

やはり一般人には無理があるかと、お金が続かないでしょう。東海ラジオは矢田川花火の廃止について色々ご託を並べてますが、要は金でですよね?今までも縮小・廃止された花火大会は概ね資金的な問題かと(愛知県知多市・東海市など)

あともう一つ、昔城北学区でまことしやかに流れた噂(かと思ったけど結構皆さん御存知。ということは噂ではないのかな?)で

「矢田川での開催には制約が多いので庄内緑地に移転したい。と東海ラジオから申し入れがあった」

というものがあります。矢田川花火に思い入れはありつつも、ボクは庄内緑地での開催の方が良いと思いますが如何でしょう。

え〜長くなりそうなので、続きは後日ヾ(^-^;)

宜しければ応援クリックお願いします

banner_02.gif
posted by ぶろぐ亭炎上 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74872481

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。