宜しければ応援クリックお願いします banner_02.gif

2007年10月26日

忘れないこと

まいど。今日とある鉄道会社のニュースリリースを見て、ボクが心酔していた予備校講師の事を思い出しました。

「日本人は物忘れが良すぎる、それがイカン!」
「俺は「殺してやるリスト」をつけて絶対に怒りを
忘れないようにしている」


言動の一部を取り出しただけだと薄っぺらいですが、日本人の忘れっぽさ、一時的な熱狂、同調圧力、等を批判しつつ、自分を冷静に置くスタイルなど深く影響を受けました。

ちなみに“予備校講師”と書いたのは、ひょっとするとその先生が言った言葉ではないかもしれないから。(ボクにしては珍しく)抜群の集中力で聞いていた講義がいくつかあるので、何人かの先生の言葉が合成されているかも…

候補の一人は河合塾講師のこの方

あと世間(ボクも含まれるけど)の一時的熱狂について鈴木宗男代議士はこう言う。

「守屋前防衛事務次官の証人喚問を29日行うことが、衆院テロ対策特別委員会で議決された。新テロ特別対策措置法とは全く別の次元だと考えるが、あわせ技で委員会での質疑に持ち込むあたり、正しい委員会運営かどうか一考を要するのではないか。
証人喚問の重さ、拘束性から言って、その前に防衛省として守屋前次官から聴取し、国民に説明責任を果たすのが筋ではないか。ボクシングの亀田選手にしろ、相撲の朝青龍にしろ、ある日ある時、突然手のひらを返すようなやり方が本当に正しい手法かどうか、お互い冷静に考えていきたい。
 私自身証人喚問を受けた者として、しみじみ思うことがある。一方的な流れをつくられるとどうにもならない。5年前、北方四島支援に関して、「ムネオハウス」やディーゼル発電、ケニアのソンドゥミリウダムに関し、辻元議員から「疑惑の総合デパート、いや、総合商社」と面白おかしく言われ、世論のバッシングに遭い、その後あたかも「これで鈴木宗男は逮捕される」と、連日書き立てられた。
 当時、野党の皆さんが私を告発したが、事件にはならなかった。私は今裁判をしているが、ムネオハウスはじめ証人喚問で取り上げられた件で裁判をしているものはない。このギャップを考える時、その時の雰囲気の怖さ、恐ろしさを知る者として、落ち着いた静かな中でのやり取りが大事だと思うものだ」
ムネオ日記』(2007年10月25日より引用)

本題に戻りますが、ある会社のニュースリリースはコチラ↓
名鉄岐阜駅 新商業ビルの愛称募集について


gifu_bld.jpg

このニュースリリースは8月にも出てます。

でも今回と8月のモノでは微妙な違いがあります。

 名古屋鉄道は、かねて名鉄岐阜駅西側の新岐阜百貨店跡地(岐阜県岐阜市神田町9丁目1番地)における商業施設の建設計画について検討してまいりましたが、このほどまとまり、平成20年2月から建設工事に着手し、同年12月を目途にオープンする予定です。
 新岐阜百貨店跡地の利用計画については、将来の鉄道高架事業完了および土地区画整理事業の成熟を待って、本格的な開発計画を展開するまでの約15年間程度の暫定的な施設整備と捉え、計画の策定に際しては、鉄道とバスやタクシーへの乗換えがスムーズに行える機能配置を重視し、鉄道やバスをご利用いただくお客様や地域にお住まいの皆さまにご愛顧いただける買い回り性を高めた商業施設を目指しました。

 今回新たに建設する建物は、鉄骨造地上2階建てで、建築面積は約3,300m2。1階及び2階は店舗スペース(店舗面積:1階 約1,700m2、2階 約1,600m2)、屋上階は70台収容の駐車場です。施設全体のコンセプトとして「彩・食・健・美」を掲げており、「食」をメインに、健康・美しさ・彩りあるライフスタイルを提案するテナントを誘致します。1階には、このコンセプトに基づき、(株)パレ(本社:名古屋市熱田区神宮3、代表取締役社長:田村弘一)が運営する食品スーパー「パレマルシェ」の出店が内定しており、2階には飲食・物販など13店舗を今後、誘致します。

 また、同施設に隣接する岐阜バスターミナルもあわせて改修される予定で、7月14日に供用を開始した名鉄岐阜駅新駅舎も含め、完成後は一帯の機能性や利便性が高まります。

 なお、同施設が岐阜駅周辺の活性化と賑わい創出に貢献し、地域に愛される施設となるために、愛称を公募します。

これは8月31日付のモノ。

名鉄岐阜駅西側に建設予定の新商業ビルの愛称を募集します。
 「彩・食・健・美」をコンセプトに「食」を中心として、健康・美しさ・彩あるライフスタイルの提案と岐阜駅周辺の活性化と賑わいの創出に貢献し、地域に愛される施設を目指します。
 新しいビルのイメージにふさわしい、素敵な愛称をお待ちしています。

(中略)

【選考基準】
 以下の選考基準を基に愛称を決定します。

(1)「彩・食・健・美」〜「食」を中心機能とした健康・美しさ・彩あるライフスタイルを提供する〜という商業施設コンセプトに適合すること
(2)名鉄のイメージアップにつながること
(3)地域に愛され、長く親しまれる愛称であること
(4)自作未発表であること
(5)他の愛称とまぎらわしくないこと

これが10月26日付のもの。

違うのは当たり前だろ!と言われればそれまでですが、注目したい点が一つ。

8月31日付には
「将来の鉄道高架事業完了および土地区画整理事業の成熟を待って、本格的な開発計画を展開するまでの

約15年間程度の暫定的な

施設整備
と捉え」とありますが、

10月26日付には
「地域に愛され、長く親しまれる愛称であること」とあります。

ここ最近状況が変わり“15年程度の暫定的な使用”という文言が使えなくなったのでは、と推察しますが如何でしょう?

うがったものの見方をしすぎなんでしょうか?

十数年後本当に暫定使用かチェックする為、ブログに残してみた。ドケチ名古屋商人・名古屋鉄道が暫定使用するとは思えませんがね…
posted by ぶろぐ亭炎上 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62584757

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。